Ufo の 存在

Add: emejus19 - Date: 2020-11-25 15:25:10 - Views: 6377 - Clicks: 8166

「アレが何だったのか、僕にもわかりません。ただ、2つの窓があったようにも見えます」 YouTubeにアップされた動画は話題となり、多くのコメントが書き込まれている。 「これは驚いた。国民には知らされない秘密の一つじゃない? See full list ufo の 存在 on tenink. ヘリヤー氏は、UFOと宇宙人の存在を確信し、それ以降、「 UFOは頭上を飛んでいる飛行機と同じくらいリアルだ 」と公言することを決めたのです。. ufo の 存在 かの有名なsf作家であるアーサー・c・クラーク氏は昔、「2つの可能性が考えられる。宇宙にいるのは私たちだけか、そうでないかだ。どちらの. See full list on asita-wadai. . 当時の日本軍側の記録にはアメリカ本土を空母艦載機がその時間飛行したとの記録もなく、そもそも日本海軍の空母は当時該当海域にいなかったため、日本海軍の攻撃という説は否定されました。 その後日本軍の風船爆弾による攻撃ではないかと言われましたが、当時日本軍において風船爆弾の実践投入はできておらず、この説も否定されました。 そのため最終的に政府は「当日、アメリカ陸軍防空部隊が気象観測気球をサンタモニカで上げており、24日の日本海軍の潜水艦による砲撃とその後の警戒態勢を受けて過敏になっていた陸軍部隊が、この気象観測気球を日本軍機と見間違え過剰対応した事がこの戦いの発端である」と結論付けました。 しかしレーダー上でサンタモニカよりはるかに離れた場所から上昇と下降を繰り返す飛行物体が観察され、目視においても多数の兵士や民間人が赤く光る飛行物体を確認し、撮影もされていることからこの結論を疑問視する人も多いのも事実で、騒動の真相は未だ不明のままであるためUFO事件として扱われています。. フランス諜報機関の元幹部が“地球外ufoとパラレルワールド”の存在を公言! 「平時には見えないものある」徹底研究を訴え NEW.

Source. それ以降、この事件は世界中で様々な憶測や噂、研究、調査などの対象となっていて、それは現在になってもなお進行中です。これに対してアメリカ政府は公式見解として極秘の観測気球の墜落としています。 ロズウェル事件はUFO関係の都市伝説と密接な関係があるとされており、一説にはロズウェル事件で墜落したUFOと乗っていた宇宙人はエリア51に運ばれたと言われています。. 上記で敏太郎さんが95%は嘘と言っていますが、じゃあ5%は真実なのか・・・。 そう。 敏太郎さんの話によると、「UFOフリート」と言われているUFOが集団で出現し、それぞれが別々に動いている映像があり、それは真実味のある映像であると言っていました。 その「UFOフリート」の映像がこれ。 いや、でもこれ個人的にはUFOがはっきり写っている映像よりも作成しやすいのでは・・・・?と思ってしまうのです。笑 微妙に菌とかを顕微鏡で見た映像に似ている面もありますしね。 もう何も信じることができないので、個人的にはこれも嘘だと思います。(キリッ UFOビジネスの一翼を担いでしまっている敏太郎さんは100%嘘とは言えないのではないか。そのため、5%は疑わしいという思いを視聴者に持ってもらうためにあのような発言をしたのではないか・・・? でもそうなると国家的な機関で働いている人物・・・オバマ大統領などの宇宙関係の発言・・・。これらは単なるジョークなのか、はたまた秘密裏に宇宙人と手を組んで宇宙開発計画が進んでいるのか。 いかがでしたでしょうか? こうしたことから、UFOはかなり「作られたもの」や「見間違い」である可能性が高いです。 しかし、人は夢を見たいもの。信じられないと言いつつも、どこかで信じられないものがいてほしい・・・と言う思いがあり、それを演出しようとする者がいて、それをビジネスにしようとする者がいて・・・。 その中でも5%。 5%のUFOは未解明であると言われています。本当にUFOは存在するのか・・・。 信じるか信じないかは、あなた次第。. 隊形を組む3つの飛行物体は何だったのか? ケネス・アーノルド事件は、1947年6月24日にアメリカ合衆国ワシントン州で起こったUFO遭遇事件です。 1947年6月24日にアメリカ人のケネス・アーノルド氏は、アメリカワシントン州のカスケード山脈にあるレーニア山付近の高度2,900メートル上空を自家用飛行機で飛行していました。 飛行の目的は前日に消息を絶っていた海兵隊の輸送機の捜索で、報奨金5000ドルが目当てでした。 午後2時59分にアーノルド氏はレーニア山の上空を北方から南方へ向けて高速で飛行する9個の奇妙な物体を目撃しました。 物体は鎖のように一直線に繋がっており、アーノルド氏は最初ジェット機を目撃したのかと思ったそうですが、物体に尾部は見当たらず、平たい形状で、翼があり、ジェットエンジンの音なども聞こえなかったと証言しました。 アーノルド氏はその飛行体が2点間の距離を飛ぶ速度を計測しており、その結果は1947年当時の技術では考えられない時速1700マイル(2735.

」 「ヘリコプターを恐れてUFOは静止してるんだよ」 「これは. 」と、否定的なコメントも寄せられているが. のように見えなくもない. More Ufo の 存在 videos. 。 映画のようには行かないでしょう。. ところで、再び宇宙人の話に戻りますが、 科学者が(人類の存在を根拠に)宇宙人の存在を認めているのは、 まあ、頷ける話だとしても、 実際に地球外から宇宙人が地球にやってきたことは認めてないはずです。 なぜなら、今現在地球上に存在する飛行機や宇宙船を使って、 宇宙の果てに住む宇宙人が地球までやってくることは不可能だと考えられているからです。 近代の宇宙観測で、地球のような人が住んでいるかもしれない星は、 実際に観測されているようですが、 でも、その星から地球までは◎◎光年という、 どうあがいても到達できない距離なのです。 よって、地球には地球外からの宇宙人は存在しないって結論なのです。 でも、再びUFOの目撃談に戻りますが、 UFOだけじゃなくて宇宙人に遭遇したって人もたまにいますよね。 先ほども書きましたが、そこで嘘をつくメリットはほとんどないはずです。 変人扱いされるならまださいも、 最悪のケースは変な薬物をやっているとか疑われるのがオチですから。苦笑 でも、宇宙人との遭遇の話や体験談って、 中にはすごくリアリティがある話もあるんですよ。 果たしてそれらの話は事実なのか、事実だとすればそれらの生命体は何者なのか? その辺はまた次回に書いてみようと思います。. だが、人類というのは「地球上」に、しかも「温度、気圧などある特定の条件下」で発生した生物であり、その生物が感知できる情報手段しかこの宇宙に存在しない、とするのは根拠もないし、あまりに飛躍がある. しかし、実際にUFO見たという人は昔からたくさんいますよね。 率直な感想として、UFOを見たという人が嘘をついてるようには思えません。 なぜなら、「私はUFOを見たんだ!」と、人に言ったところで、 変人扱いされるのがオチで、友人を失ったり、なんの得にもならないからです。 たまにTVなどメディアの取材が来て人気者になれるとか、 そういう目的かもしれませんが、 まあ一部そういう人もいるかもしれませんけどね。 でも、UFOを目撃した時の状況の描写ですとか、 とてもリアリティのあるケースもありますしね。 あと、最近ではフェイク動画も非常に多いですが、 たまーにですが、フェイクと切り捨てるのも微妙な 本当らしい動画などもあったりするので、 なんとも悩ましいところです。 もちろん明らかに怪しいものがほとんどですよ。 例えば、もっともありがちなのは「飛行機」ですね。 そして次は「風船」や「レジ袋」など地上のものが風に吹かれて舞い上がったケースです。 こういう可能性を排除しても、なんだかわからないものは、 やっぱり地球外生命体では!?って思ってしまいますね。 SFロマン的に。笑.

そして動画で最後に紹介されるのは、1957年南カリフォルニアで海軍士官のラムジーさんが撮影した写真。こちらはかなり鮮明に写っており、誰もが想像する「ufo像」となっている。 基本的に撮影されている時期は夏が多いufo。. 」 などの肯定的なコメントが書き込まれている一方で、「これはアメリカ軍の飛行機じゃないか? ロシア連邦の首都モスクワで、ある男性が奇妙な雲を目にした. 存在の否定ではないと思います。 で、北海道新聞が触れているBBC bbc. ロズウェル事件は1947年7月アメリカ合衆国ニューメキシコ州ロズウェル付近で墜落したUFOの残骸が米軍によって回収され、何処かへと運ばれたとして有名になった事件です。 世界で最も有名なUFO事件といわれ、多くのSF映画にも登場します。この事件に関する情報はきわめて多く、何か不可思議な事件が起きたのか、はたまた町おこしのための壮大なネタなのか、真実は解明されていません。 この事件の発端となったのは、1947年7月8日にロズウェル陸軍飛行場の発表でした。軍は、「軍の職員がロズウェル付近の牧場から潰れた「空飛ぶ円盤」を回収した」と発表しました。しかしその数時間後、軍はこの情報を修正し、「職員が回収したものは「空飛ぶ円盤ではなく、気象観測用気球であった。」としました。 この出来事はすぐに忘れさられましたが、30年以上後に、突如注目を浴びることになります。 それは1978年にUFO研究家のスタントン・T・フリードマン氏は1947年の事件発生当時、問題の残骸の回収に関わったジェシー・マーセル少佐インタビューを行い、「軍は異星人の乗り物を極秘裏に回収した」と発表しました。 フリードマン氏の主張.

ciaが存在を認めた秘密基地「エリア51」. . 空中を高速飛行する未確認飛行物体(UFO)をとらえたとされる映像について、米海軍がようやく、未確認物体に分類して. 手持ちで撮影しているのでブレブレだが、細長い飛行物体は、まさにUFOクラシックの葉巻型. ufoは異次元に存在する別の物体や生命体が何らかの理由で私たちの世界に現れたものだとする説です。 ハーバード大学の宗教教授キャロル・ザレスキーはこれまでUMA(未確認生物)や幽霊、宇宙人とされてきたものは全てこれにより説明ができると語ってい. 7月18日水曜日. ロサンゼルス行きの飛行機に乗っていた乗客が、奇妙な発光物体に気付いた。 最初は窓ガラスに光が反射しているのだと思ったそうだが、どうも違う。 それは、等間隔で飛行するUFOのようだった. 」 「こんな雲見たこと無い!

宇宙人なんていない! と言う人も多いかと思いますが、実は科学者は宇宙人の存在を認めています。 別に公式的にそういう学問があるわけではないと思うので、 教科書的なものに「宇宙人は存在する」と書いてあるわけではないと思いますが、 論理的に考えて宇宙人を否定できる材料がないのです。 なので、多くの科学者は「宇宙人はいます」と答えるでしょうし、 実際テレビやメディアでも権威ある人がそう答えていますね。 もちろん物的証拠はありませんが、 宇宙人が存在するという最も確実な状況証拠があります。 それは、僕たち人類の存在です。 この広い宇宙の中で、様々な偶然が重なったのか、 幸いなことに地球上に生きる環境を見つけた人類。 これが地球上だけに起こった偶然なのか? その広ささえ正確に定義できていない宇宙で、 しかも宇宙の果てさえも行ったことがない見たこともない人類なのに、 どうして他の地球と類似した星が無いと言い切れるのか? 宇宙に人間のような生物がいないという証拠を出せないので、 科学者も存在は認めざるを得ないのです。. アメリカ空軍当局は「マンテル大尉は金星を未確認飛行物体と誤認して高高度に飛行し、酸欠状態に陥って意識を失い墜落したものと考えられる。」と発表し、さらにその1年後には「海軍がテスト飛行させていたスカイフック気球を誤認した」と説明を変えました。 スカイフック計画は海軍の秘密計画だったため、空軍に情報が渡るまで1年かかったとのことです。最終的に空軍は、マンテル大尉が当時UFOとよく誤認されたスカイフック気球を追跡して死亡したのだろうと発表しました。 スカイフック事前の未確認飛行物体目撃情報も、総合すれば気球の形の特徴に一致していたし、それとは別に金星の見間違いと思われる通報もあった。なお、当日早朝に近隣のミネソタ州リプリー基地からスカイフック気球が打ち上げられ、事件後の当日午後4時にケンタッキー州でスカイフック気球が目撃されているためこの説は有力とされています。. 」 中国版TwitterのWeiboでも話題となった動画は、丸い光が点灯と消灯を繰り返しながら一方向に進んでいるように見える。 イギリスのUFO研究家ナイガット・ワトソンは、このような見解を述べている。 「光の正体は、ロケットエンジンからの噴出された爆炎によるものではないでしょうか。中国各地でも、同様の減少が観測されています」 中国当局は、この不思議な光に関して何もコメントは出していないが. Source. 謎の発光物体はアメリカ軍の秘密兵器か? アメリカのカリフォルニア州サンディエゴで奇妙な発光物体が目撃された。 ufo の 存在 それは年10月27日、空が赤く染まる夕暮れ時のことだった。 上空から地上めがけて落下してくる光の玉を、現地に住むクリス・ウィルソンが動画撮影に成功した。 当初、落下してくる発光物体は隕石のようにも思えるが、途中でピタリと空中に静止。 さらにその後、もう一つの発光物体が出現したのだ。 動画がYouTubeに投稿されると、視聴者から現場付近にアメリカ軍の基地が存在することを指摘する声も. Source. こちらの画像をご覧ください。 拡大画像がこちら UFOですよね?うん、UFO。 これは1950年にマクミンビル、オレゴン州の農夫婦によって撮影された写真です。 こちらの画像は、UFOに否定的な結論を出すコンドン委員会のレポートに取り上げられたのですが、合成であったり、糸で吊っているなどの分析結果が得られずに、結果的には肯定的なコメントが出されています。さらに金銭的な絡みもなかったため、世界的に非常に信憑性のある写真だと言われている1枚です。.

ufoは「公式な存在」になっている。 国際社会においても、今後、宇宙空間が戦場になることも想定されており、各国が宇宙軍を創設し始めている。宇宙に進出する際、今以上にufoは避けて通れない存在となることは明らかだ。. 」 「宇宙人が中国にやってきた! 本物じゃないか? 「これは凄い発見だ! 私は実際にufoが存在するのかどうかを調べるにあたって二つのufo目撃談に興味を持ちました。 それは、甲府小学生ufo遭遇事件と江戸時代の「虚舟」の話です。 簡単に概要を説明していきます。 ufo の 存在 甲府小学生ufo. アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルスで、地元の青年が奇妙な映像を撮影した。 「大きな音がするから自宅の外に出たら、空に浮かぶ変な物体の周りを警察のヘリコプターが旋回してたんだ」 青年によれば、警察のヘリは12分ほど旋回を続けていたと言う. 僕がUFOの存在について考えている可能性の1つに、 他国の新型兵器の可能性があります。 例えば、アメリカですね。 もうかなり昔の話ですが、 アメリカが新型ステルス戦闘機をメディアに公開した時は、 一般国民だけでなくオカルトマニアの人たちも驚いたものです。 「あの三角形の飛行機は何?」 「どうして、あれで飛べるのか?謎の動力源?半重力?」 「過去に三角形のUFOが目撃されたのは実はステルス戦闘機では?」 などと、とても話題になったのです。 でも、こうした人間の科学の進歩を考えると、 円盤型の飛行物体も作ることができるんじゃないか? すでにあるんじゃないか? なんてことも、思ってしまうわけです。 僕は。笑 でも、もしもUFOが他国の兵器だとすれば、 「UFOが東京上空に現れました、解析した結果、ロシアの新兵器です。」 なんてことを政府は口が裂けても言えないわけです。 なぜなら、首都上空をロシアに領空侵犯されましたってことですから、 「自衛隊、米軍は何やってんだ!?」って野党や国民に突っ込まれてしまうからです。 なので、国家の威信をかけても絶対にUFOは認めないはずなんです。 結果として、UFOは国家機密・軍事機密として葬り去られる類の情報なのです。 それもあって、「国はUFO情報を隠蔽している!」などと、 ミステリアスな噂が流れてしまうんでしょうけどね。苦笑.

2014年12月31日、ロシア上空で目撃された謎の飛行物体の画像をご覧ください。 こちらは静止画像であるため、分かりずらいのですが・・・実際には、時速約800~900kmで飛行している飛行機に追いついて旋回するような動きを見せました。そしてしだいに細長い形状に変え、飛行機の後方に消えていきます。 実際に目撃したら、得体の知れない物体に追いかけられ、最後は消えてしまうという、恐怖さえも感じしてしまうそうな現象です。 しかし、元全日空のパイロットだった人は異論を唱えています。元パイロット前根明さんによると、こうした現象は環境対策が施されていない機体で起き、そのような機体が排出する雲は黒い場合が多いのだそうです。 そのため、パイロット経験者であるならば飛行中に何度も確認したことがあるものであり、特に不思議な現象ではないというのです。しかし、この映像を撮影したのはパイロット、もしくはパイロットの付近にいる人です。さあ、どうしてこの映像は摩訶不思議な映像として取り上げられているのでしょうか。 この映像を見たUFO研究家の話によると と発言しています。 ここまで見ていただけると、UFOというものが如何にでっち上げによって作り出されているのか分かると思います。 UFO研究家と言うのがいい加減かわかる・・・っていうかUFO研究家、暇か!笑 まあ、飛行機雲説も100%確かではないですがもうちょっと懐疑的な目で見てほしいものです。. 」 なんて心無い意見もありますが. 「地球代表と宇宙代表が何らかの接触を.

巨大な飛行物体が観測されたのは、真っ昼間の午後2時。 雲のない空に、テニスラケットのようなシルエットの何かが浮かんでいるではないか。 こ、これは正にUFOの巨大空母! それとも、地球へ飛来してきた. これらの目撃に対しての反論として新型電子機器を使う試験飛行、性能の悪いレーダーによる誤認、ライトショーの光の反射、ヘリコプターの誤認という説に加え、モーター付き飛行船を所有する男が悪戯で自分の飛行船に細工をし、ベルギーの空に放ったイタズラであるという証言も出ました。 また飛行物体の正体は偵察用の飛行船であったという説も唱えられました。 目撃されるのを避けるために船体を黒色に塗装し、夜中に航行していという説である。しかし、この説では目撃された飛行物体の形状が、三角形型を中心に、円盤型、ダイヤモンド型、ブーメラン型など多岐にわたることや、飛行物体の周りの赤い光体の不可解な軌道を説明できないため、今でも真相は謎に包まれていました。 しかし近年この三角形型の飛行物体は米軍が製作していたとされるtr-3bという最新鋭反重力戦闘機にも酷似ており、米軍により試作実験ではという説もあります。. これらの映像をめぐり、未確認飛行物体(ufo)の存在が明らかになったと主張した人もいた。 <関連記事> 「基地でエイリアンに会おう」 FBに. アメリカ空軍の公式UFO調査機関であるプロジェクト・ブルーブックの調査により、同時刻に近くにいたガソリンスタンドの客員が同様の物体を目撃していたことが判明しました。客員は、卵型の物体が奇妙な低音を立てながら猛スピードで低空を飛んでいたと証言しました。 また、後の調査では同時刻に航空機やヘリコプターは飛行していない事が判明しました。現場の土壌の分析結果からは、ジェットエンジンやロケットエンジンの場合に当然期待される化学推進燃料が検出されておらず、さらに当時の航空機の技術ではザモラが目撃したような垂直離陸や高速度飛行はありえないものでした。 そしてザモラ氏の描いた卵型の物体には飛翔に必要な羽や外部装置の類が一切、欠けており、プロジェクト・ブルーブックは長年に渡って多種多様なUFO事件を収集し検証していたが、この事例はそうした事件の中でも「判別不能」とされ、かつ唯一「着陸」「痕跡」「搭乗者」を残す事例となりました。 飛行物体が飛び去った場所の小石には、微量の金属が付着していました。その金属がUFOの着陸脚の破片ではないかと考えたUFO民間研究者のレイ・スタンフォード氏は金属の調査をNA. UFOは存在する 驚くの報告. 年7月18日.

」「やはり地球には多くの宇宙人が来てるんだよ. 夜空に赤く光る4つの発光体. 」 そう思わずにはいられない、奇妙な動画が撮影されたのは、アメリカのテキサス州を横断するハイウェイ。 それは8月のことだった。 交通量の少ない真っ昼間の一本道を走る車。 走行中のドライバーは、道路脇に人影を目撃した。 「通り過ぎた後にバックミラーで確認したら.

」 「おそらく身長は1m20cm〜1m50cmくらいだろう。だけど腕や体は大人びて見える」 中にはは「ただのマネキンじゃないの? ベルギーUFOウェーブ事件は1985年11月〜1990年5月にかけて、ベルギーでUFOが頻繁に目撃された事件です。 この期間だけで1万人以上の人がUFOを目撃したといわれています。目撃されたUFOの特徴としては赤、緑、黄色に色を変える、正三角形状で光っているといったものでした。 ドイツ国境のユーペンの住人数百人が、スポットライトをつけた巨大な三角型のUFOが上空を通過するのを目撃しています。 実際に空軍のF-16が緊急発進をかけた例もありました。4つのUFOをレーダーで捕捉しましたが、それぞれ別々の方向に姿を消したため追跡は断念されたといわれています。 特に1989年11月29日にはベルギーの農村地域にて145件もUFOが目撃されニュースメディアにも大々的に報じられました。 目撃されたのは物体の共通の特徴として下部にスポットライトのような光を放ち、無音で飛行し、形は三角形であるという点が挙げられました。 1990年3月30日から3月31日にかけては、数百名の市民が空に光体を目撃し、これはレーダーでも捉えられ、NATO軍基地でも正体不明の目標が捕捉されました。 調査のために出撃した. See full list on bq-news. 13 【ufo目撃談】私がufoは絶対に存在すると断言できるワケ(遭遇場所:茨城県水戸市) 画像は『spy news』様より. 日本国内、海外各地でもたくさんのUFO目撃情報が存在 しますが、ある一定の条件や大体は決まった場所に出現することが多いようなのです。.

アメリカのノースカロライナ州にあるノーマン湖で、謎の飛行物体が目撃された。 偶然、現場に居合わせた人物は、湖上空を飛ぶ物体をスマホのカメラで撮影に成功。 その時の動画がこちら. 」 なんて陰謀論が溢れ出すのもご愛嬌。 「ただ窓に汚れがついてるだけじゃないのか? マンテル大尉事件は1948年1月8日にアメリカ合衆国のケンタッキー州にて発生したUFOの目撃とそれに伴って起こったアメリカ空軍機の墜落事件です。 事の発端は1月7日の朝より続発していたゴドマン市民とケンタッキー州警察からの未確認飛行物体の目撃通報により、アメリカ空軍のゴドマン基地は、同基地に所属する戦闘機、ノースアメリカンP-51で付近を飛行中のトーマス・F・マンテル大尉率いる4機に対して未確認飛行物体の追跡命令を下します。 また、これと前後して、直径100メートル近くの大きさで、上部が点滅している銀色の未確認飛行物体がゴドマン基地上空に飛来し、基地管制塔などからも観測されています。 この後マンテル大尉の機体以外の3機は、燃料不足のため追跡を断念しましたが、追跡を継続していたマンテル大尉は、上昇していく未確認飛行物体を確認し司令部に「未確認飛行物体は上空を飛行中で、さらに上昇を続けている」、「高度7,000(フィート)までに追いつかなければ、追跡を断念する」と報告したのを最後に消息を絶ってしまいます。数時間後にマンテル大尉は、広範囲に散らばった機体の残骸と共に遺体で発見されました。.

ufo の 存在 」 気のせいかと思い、ドライブレコーダーの映像を確認すると、そこには、やはり人のような形をした何かが映り込んでいた。 洋服を着た人間のようには見えないし、宇宙人だと言われれば、そんな気もしてくる. UFOの存在は以前NASAでも正式に存在を認めたということなのですが日本ではそこまで話題になっていませんからね。 実はその UFOが日本でもたびたび目撃されていてtwitterで話題になっている のを. ども、らく助です。 つい先日のニュースですが、ミステリー好きにはたまらない話題です。 アメリカの国防総省がついに未確認飛行物体の存在を発表しました。 米の国防総省が公に認めるのは、初めてに近いと思います。 一般投稿ではUFOの映像はかなりYouTube上にあるのですが 国防総省から.

キャッシュ-ランドラム事件は1980年12月29日のアメリカ南部テキサス州にて、人里離れた森の中の道路を車で移動していたヴィッキー・ランドラム一家の3人は、炎を噴出しながら上空をホバリングする光を目撃しました。 その光は強烈に輝き、鈍い金属銀の色で、大きさは給水塔ほどもあり、直立した巨大なダイヤモンドの形をしていたそうです。車を停めると、同乗者のベティー・キャッシュが車外に出てその飛行物体を観察したました。 中央には小さな複数の青い光が環状に取り巻いており、飛行物体が上空高く移動を始めると、二十数機ものヘリコプターが現れ飛行物体を取り囲み、飛行物体とヘリコプターは上空に消えました。 ufo の 存在 目撃者である3人は帰宅後に嘔吐感や下痢、脱毛、火膨れなどの症状を示し、放射線障害と診断され入院を余儀なくされました。キャッシュとランドラムはその後、政府を相手に訴訟を起こしたが訴えは却下されました。 同地区の警察署に所属しているラマー・ウォーカー刑事とその妻は、同時刻に12機のヘリコプターを目撃していますが、陸軍や民間のヘリコプターは1機も発進されていませんでした。 ウォーカーがこの事件を調べようとす.

Ufo の 存在

email: isude@gmail.com - phone:(113) 887-7797 x 8331

ウエスト サイド -

-> 第 一 次 世界 大戦 映画
-> 文 スト 25 話

Ufo の 存在 - ジョーカー


Sitemap 1

猫 服 人間 - Youtube アメリカ